商品詳細

凍結解凍覚醒法®とは

植物には、それぞれ生存に適した気候があるとされ、人類は気候にあう植物を作物として栽培してきました。その常識を破り、例えば熱帯植物の育成・栽培が日本国内で効率的かつ安全に可能となれば、植物を生産する産業=農業は大きく変わります。我々は、氷河期を乗り越え、世代を繋いだ植物に着目。植物の種子や細胞に、独自の凍結工程・解凍工程で氷河期を体感させ、環境順応性を最大限に覚醒させることに成功いたしました。植物の栽培可能地域を塗り替える夢の技術。それが、凍結解凍覚醒法®です。

https://www.dt-farm.com

凍結解凍覚醒法®による品種改良

熱帯産の植物の種を敢えてマイナス60度という極寒の環境下に置き、氷河期を生き抜いた「耐寒性遺伝子」を再発現させる品種改良の手法。

危険性のない
第3の新品種作物作出技術

凍結解凍覚醒法®の効果

凍結解凍覚醒処理を施すと、未処理の同品種より成長が早く、耐寒性・耐暑性が高まることが確認されています。栽培地域や期間が広がり、成長速度も速い事から、作物の収穫量が増加します。

成長が速い

凍結工程のおけるRNA(遺伝子情報物質リボ核酸の増加により、遺伝子情報の転写速度細胞分裂)が増加します。
※草本科37.25倍、木本科32.83倍のRNA(情報伝達物資リボ核酸)の増加が確認されました。

耐寒性及び耐暑性

凍結解凍工程によるストレスで、RNAに蓄積された過去の環境情報が消去され、処理後の環境情報を速やかに認識する順応性が覚醒。
その結果として発芽環境に順応する能力が向上し、耐寒性及び耐暑性を発揮します。

栄養成分比較表(可食部100gあたりの含有量)

栄養素単位バナナ22世紀バナナ
エネルギーkcal8666
水分g75.481
たんぱく質g1.11.4
脂質g0.20.4
炭水化物g22.516.1
灰分g0.81.1
ナトリウムmg微量
カリウムmg360570
カルシウムmg610.8
マグネシウムmg3224.6
リンmg2725.1
mg0.30.24
亜鉛mg0.20.21
mg0.090.06
マンガンmg0.260.05
カロテンmg56230
ビタミンB1mg0.050.03
ビタミンB2mg0.040.06
ビタミンB6mg0.380.266
ナイアシンmg0.70.71
ビタミンCmg1610
ビタミンEmg0.52.6
葉酸μg2639
パントテン酸mg0.440.25
食物繊維総量g1.12.9
水溶性食物繊維g0.10.8
不溶性食物繊維g12.1
炭水化物が少なく、食物繊維が豊富、カロテン、ビタミンEも豊富

豊富なアミノ酸

単位:mg

単位:mg